VISAデビットの種類




三井住友VISAカード お申込はこちら
(学生・新社会人・パート・アルバイトの方も申込可能)

VISAデビットのラインナップを紹介します。

VISAデビットはビザ・ワールドワイド・ジャパンと、
各発行会社(銀行など)が提携して発行する即時決済型のカードです。

お店やネットショッピングでカード決済したいとき、
現金と同じように使う事ができます。

プロバイダなど毎月の料金の支払に利用できない、
お店によっては2重に引き落としされ、
返金は最長で約1ヶ月後になるなどのデメリットもあります。

VISAデビットの種類

SURUGA VISAデビットカード
→国内で最初のVISAデビットカードです。
ポイント還元率は低いですが、年会費無料がうれしいです。

発行会社:スルガ銀行
マイ支店・ネットバンク支店など:年会費無料・年間利用額の0.2%還元

楽天銀行デビットカード(旧イーバンクマネーカード)
格安ゴールドカードがない頃、イーバンクマネーカードゴールドは
3,000円の年会費でポイント1%と当時にしては最大級の還元率でした。

発行会社:楽天銀行
一般:年会費1,000円・1,000円につき2ポイント
ゴールド:年会費3,000円・1,000円につき5ポイント

りそな銀行VISAデビットカード
りそなクラブポイントが貯まるりそなVisaデビットカード(オリジナル)と
JALのマイルが貯まるVisaデビットカード(JMB)の2種類から選べます。

発行会社:りそな銀行
年会費:オリジナル(525円・初年度無料)・JMB(1000円・初年度無料)

JNBカードレスVISAデビット(通称:ワンタイムデビット)
カードが発行されないタイプのVISAデビットですが、
お店ごとに使い捨ての違う番号が使えて安心です。

発行会社:ジャパンネット銀行
年会費:オリジナル(525円・初年度無料)・JMB(1000円・初年度無料)

三菱東京UFJ-VISAデビット
国内最大手の三菱東京UFJ銀行が発行するVISAデビットで、
2013年11月20日よりWEB受付を開始します。

代引き手数料を節約したい学生の方にはおすすめですが、
VISAデビットは誰でも申込みできる反面、制限事項が多いので、
素直にクレジットカードを利用した方がよさそうです。

三井住友VISAカード お申込はこちら
(学生・新社会人・パート・アルバイトの方も申込可能)


関連記事:
三菱東京UFJ-VISAデビットについて

※2013年10月3日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認下さい。