CICの個人信用情報のネット開示方法について




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

CICのネット開示方法と見方を紹介します。

CICは指定信用情報機関の1つで、
会員のクレジットカードやローンの支払状況が登録されています。

指定信用情報機関はCICの他に、JICC(日本信用情報機関)と
KCS(全国銀行個人信用情報センター)があり、
CRINという仕組みで情報のやりとりを行っています。

新たにクレジットカードやローンの申込みをした場合、
カード会社は「会員の支払に無理がないか」をCICなどで確認します。

土日も朝8時から夜9時まで受付
自分の情報がどのように登録されている方知りたい方は、
インターネットから開示手続きが行えます。

土日を含め、朝8時から夜9時まで開示手続きが行えるので、
忙しい方も、空いている時間にCICの開示手続きが行えます。

CICのインターネット開示方法
①ご利用環境の確認(IE7~IE10に対応)
カード会社に登録している電話から、0570-021-717に電話
③ガイダンスに従って入力を行い、受付番号を手に入れる
④パソコンで利用規約を確認し、個人情報を入力する
⑤PDFで「信用情報開示書」を受取→完了
※電話で有効期限を入力した、クレジットカードでの支払(1,000円)になります。
※報告書を確認できなかった場合、再開示が行えます。
※報告書を保存できるPCでの手続がおすすめですが、一部の2つ折り携帯でも確認できます。

信用情報開示報告書の見方
①基本的に、入金情報で「空欄」「-」「$」以外の記載がなければ問題ありません。
②「年間請求予定額」の合計が「支払可能見込額」を超えている場合、使いすぎといえます。
 支払可能見込額=年収-生活維持費-年間請求予定額×0.9
 年収200万で一人暮らしの方は75万、300万の方は165万になります。
③銀行カードローンなどは保証契約と表示され、年間請求予定額の対象外です。

※限度額30万円までのカードなら、他社の支払状況に問題ない場合、
 年収や職業・年間請求予定額に関係なく発行される場合があります。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


※2013年10月3日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認下さい。