Tマネーについて(入手・チャージ方法など)




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

Tマネーについて(入手・チャージ方法など)
Tマネーはカルチュア・コンビニエンス・クラブが発行する電子マネーです。
お持ちのTカードをそのまま使えることが最大のメリットで、
通常のポイント還元はもちろん、月の利用金額に応じてポイントが貯まります。

Tマネーの入手方法
Tマネー加盟店(ツタヤやファミリーマート)で、
Tポイントカードに初回チャージすると、
Tマネー(電子マネー)として使えるようになります。

※ファミリーマートでは2015年6月30日から利用可能

Tマネーのチャージ方法
Tマネー加盟店のレジで、チャージ希望金額(1,000円~30,000円)を
店員に伝えると、1,000円単位でチャージできます。
2015年6月28日時点では、Tマネーのチャージは現金のみで、
クレジットカードでのチャージはできないようです。

Tマネーのメリット・デメリット
Tマネーの最大のメリットはお持ちのTカードがそのまま使えることと、
通常のポイントの他に、月間のご利用金額500円につき1ポイント還元されます。

デメリットは、ポイント還元率がクレジットカードなどに比べて低いことです。
500円に1ポイントだと0.2%の還元(10,000円ご利用なら20円分)で、
三井住友VISAカードでは最低でも0.5%(1,000円につき5円)の還元なので、
クレジットカードが使えるお店ではカード払いの方がポイントが貯まります。

三井住友VISAカードはドコモのDCMXのCMでおなじみの
電子マネーiDを搭載し、かざすだけで決済が完了します。

最近では新社会人や学生・パート・アルバイトの方もカード発行されるように
なってきているので、まだお持ちでない方はこの機会の申込がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


※2015年6月27日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認下さい。

電子マネーへのチャージ(nanaco・WAON編)




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

前回に引き続き電子マネーへのチャージ方法を紹介します。

電子マネー(先払い式)を利用するためには、あらかじめチャージ(入金)
しておく必要があります。
多くの電子マネーでは
(nanacoやWAON・Edyなど)ポイントが貯まるので、現金でお買い物するよりもお得です。

nanaco(ナナコ)
現金でのチャージ方法→セブンイレブンやイトーヨーカドーのnanaco対応レジや
セブン銀行ATMから1000円単位で50000円(1回の操作につき29000円)まで入金可能です。
カードでのチャージ方法→nanacoさいとまたはモバイルアプリ(スマホ含む)から
クレジットカード情報を登録し、入金額を都度指定する。
電子マネーへのチャージはポイント対象外のクレジットカードが増えてきましたが、
対象外になっていないカード(楽天JCBなど)でチャージするとポイントの2重取りが可能です。

WAON(ワオン)
現金でのチャージ方法→WAON加盟店(主にイオン系列)のレジやWAONチャージャー
イオン銀行ATMから1000円単位でチャージ可能です。
カードでのチャージ方法→店頭のWAONチャージャーやWAONステーション、
またはFelicaリーダーを搭載したPCから、 カード情報を登録し、入金額を都度指定する。
オートチャージ→イオンカードまたはイオン銀行口座をお持ちの場合、オートチャージの設定が可能。
指定の金額(1000円単位)以下になると、設定した金額(1000円単位)で自動的にチャージされる。
その他チャージ方法→クレジットカードがなくてもイオン銀行の口座からチャージ可能。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


関連記事:電子マネーへのチャージ(Suica・PASMO・Edy編)

※2013年7月9日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認下さい。

電子マネーへのチャージ(Suica・PASMO・Edy編)




GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

電子マネーへのチャージ方法について紹介します。

電子マネー(先払い式)を利用するためには、あらかじめチャージ(入金)
しておく必要があります。普及率の高い電子マネーの入金方法を説明します。

Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)
現金でのチャージ方法→電子マネーに対応した券売機で入金する。
カードでのチャージ方法→専用アプリ(モバイルSuicaなど)から
クレジットカード情報を登録し、入金額を都度指定する。
オートチャージ→カード情報を予め登録することで、改札を通ったときの残高が
一定額(1000円程度)以下なら、指定した金額(3000円程度)を自動的に入金できる。

楽天Edy(らくてんえでぃ)
現金でのチャージ方法→EdyチャージャーやEdy対応のコンビニのレジでチャージ可能。
カードでのチャージ方法→おサイフケータイ(スマホ含む)やFelicaポートを搭載したPCで、
クレジットカード情報を登録し、入金額を都度指定する。
オートチャージ→Android版Edyアプリなら、オートチャージが利用可能。
その他チャージ方法→銀行口座・アプリ・auかんたん決済などカードがなくても利用可能。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!


関連記事:nanacoとWAONのチャージ方法

※2013年7月8日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認下さい。